がん保険は生命保険とどう違うのか

がん保険は生命保険とどう違うのか

がん保険は生命保険とどう違うのか 日本で加入できるがん保険はさまざなものがあります。
ほとんどの保険において、「がんの治療」としての特別なプランを用意しているのが見受けられます。いったい、他の保険と何が違うのでしょう。

がん保険に加入することで、受け取れるお金があります。
まず、「がん」という診断を受けた際におりる「診断給付金」です。突然の宣告に、まとまったお金を支給されるプランをもったがん保険が多いのです。

がんの治療の為に入院した際、必要なお金を「入院給付金」として受け取ることもできます。
食事代や、個室料金など、日本の保険制度を利用してもまかなえない部分を補うことができます。

がんにおける手術によって変わるプラン、一回につき一律のお金が給付されるプラン、など様々ですが、「手術給付金」という制度もあります。
また、がん治療の為の「通院給付金」も受け取れば、抗がん治療や経過観察のための通院の負担も減らせることができます。

他の医療保険と違う大きなポイントは「上限の無い給付金」を設けているところです。ほとんどのがん保険は、給付する入院日数や通院回数に上限がないプランです。
入院や退院を繰り返したり、通院を長期間続けることになり得るがんという病気においては、うれしいサポートといえます。愛媛県行ってみない?

最新記事